[回到版面]
回應模式
名 稱
內 文
附加圖檔[] []
  • 可附加圖檔類型:GIF, JPG, JPEG, PNG, WEBM,瀏覽器才能正常附加圖檔
  • 附加圖檔最大上傳資料量為 5120 KB。
  • 當檔案超過寬 125 像素、高 125 像素時會自動縮小尺寸顯示
  • 投稿時請點擊畫像認證後,再按下 [送出] 按鈕提交。
  • 鬧板、攻擊性發言、煽動性發言請無視(回應者也無視),並使用del或在貓管理部向管理員回報。
  • 新聞標題和內容必須是客觀事實,而非發文者的主觀評價;個人感想和意見請在回應中發表。
  • 投稿時請將新聞重點做成三百字內的摘要,並請加註來源網址。
  • 國際、政治類時事新聞話題,請使用新聞板進行。

檔名:1571647632477.jpg-(154 KB, 1440x810)
154 KB
下着の色制限するなど“ブラック校則”を廃止 岐阜県教委無名19/10/21(一)16:47:12 ID:F5duZlYMNo.446173del
2019年10月21日 15時24分

理不尽な校則、いわゆる「ブラック校則」が問題となる中、岐阜県教育委員会が、県立高校で設けられていた下着の色を制限する規定などを廃止したことが市民団体の調査でわかりました。

岐阜市の市民団体「子どもの人権ネットワーク・岐阜」は去年8月から12月にかけて県内63のすべての県立高校を対象に情報公開請求をして校則について調べました。

その結果、下着の色を制限する規定や、地毛が茶色い場合などに「毛髪登録申請書」といった書類を提出するなどの規定があることが分かりました。

このため市民団体は岐阜県教育委員会にこうした校則を改めるよう求め、これをきっかけに県教委が検討した結果、下着の色を白や黒などに制限する規定や家族旅行の届け出を求める規定などが削除されることになったということです。

一方、「毛髪登録申請書」については各学校で議論することだとして削除されませんでした。

「子どもの人権ネットワーク・岐阜」の河合良房代表は「県教委が校則について前向きに考えてくれたことは評価したいが、見直すべき校則がまだあるので今後も議論を重ねていきたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191021/k10012142241000.html


【刪除文章】[]
刪除用密碼: